ビットコインはどこで使えるのか

ビットコインとは、仮想通貨の一種で、
ネットワークに参加することで使える電子決済のシステムを取っています。
現行の通貨から電子マネーのようにチャージしたり、
サービスを提供することで対価として支払われたり、
寄付を受けたりして得ることができます。
ビットコインのメリットは以下のとおりです。
提供する側と受ける側に立って説明します。
サービスを提供する側にとっては、クレジットカードよりも安価な決済手数料で済み、その分の価格を上乗せする必要はありません。
また、サービスを受ける側にとっては、個人情報やカードに関する情報をインターネット上に入力する必要がないので、外部に情報が漏れにくくなり、安心して利用ができます。
このような利便性が好まれ、世界中でも利用者が急増中です。
アメリカでは、主に北アメリカだけでも、使える場所が1200以上に上ります。
実際の店舗で利用できるのはニューヨークでも数店舗ではありますが、
インターネット上の電子決済ができる場では着実に利用者を伸ばしていると言えるでしょう。
何故かと言うと、一部の個人の家計管理や資産を管理するサービスでも、ビットコインの取引に対応できるようになったからです。
証券会社の口座管理や投資口座と並んで、同じように口座を扱うことになり、
資産の形成に大きな影響を及ぼすようになってきたと考えられます。
日本では、パーティ用のレストランや唐揚げ店、ワッフルの店で決済できるようで、
対応しているのは20軒ほどのようですが、仕組みが広まるようになれば増えてくるのではないでしょうか。
世界の地図上から使える店舗を探せるサイトもありますので、利用するといいでしょう。