娘のあこがれ

娘が初めて飛行機に乗ったのは6歳で全日空でした。
空を飛ぶという緊張感もあり顔がこわばっていた娘でしたが、キャビンアテンダントさんを見て一目ぼれしました。
キャビンアテンダントさんが荷物のチェックをしたり飲み物のサービスをしたりするようすを逃さず観察し、持ってきた自由帳にメモをしていました。
飛行機から降りるとき、キャビンアテンダントさんにこの仕事に就くコツを聞きに行くと、気遣いの心とたくさんの国のお客さんと話をするから英語をきちんと学んでおいた方がいいとアドバイスをもらったそうです。
その日から娘はキャビンアテンダントになる気満々で、英語塾に通い仕事体験ができるところへ行ったらキャビンアテンダントの仕事を選び、空港会社が開催するイベントは逃さず参加し、将来の準備を欠かしません。
近々開催される関西国際空港の機内サービスについて紹介するイベントにも行く予定です。
娘はぜったいに将来はANAの制服を着ると言っています。