特養ホームと有料老人ホームの違い

一般的に老人ホームと呼ばれている施設は大きく特養ホームと有料老人ホームの2つに分けることができます。
どちらも高齢者のための施設となりますが、そのサービス内容や特徴には大きな違いがあります。
特養ホームとは特別養護老人ホームのことで、そのサービスは社会福祉法人や各都道府県といった地方自治体によって運営されています。
つまり、公的か施設ということになります。
公的な施設ということで利用料金には補助があり、民間の施設よりも安い料金でサービスを受けることができます。
ただし、特養ホームに入居できるのは65歳以上の要介護認定を受けた人に限定されています。
料金が安いということで特養ホームへの入居希望車は非常に多く、申し込んでも入居できるまで数か月待たされるということも珍しくありません。
この場合は要介護認定の等級が重いほど優先的に施設に入居することができます。
一方、有料老人ホームは民間の企業が運営する施設ということになりますので国からの補助はなく、料金は高めとなってしまいます。
しかし、特養ホームと比べるとサービス内容に自由度が大きく、利用する施設によってサービス内容も変わってきます。
また、入居条件についても様々で要介護認定を受けていない健康な人でも入居できるホームがあります。
自分の求める条件に合った施設を選びやすいのが有料老人ホームのメリットと言えるでしょう。