患者の立場でリハビリできるのが鶴川記念病院です

政府の医療に対する方針が転換されたためか、病床の多い病院でもどんどん退院を促すようになりました。
医療の進歩で助かる患者が多くなったものの、これからどうやってリハビリを進めて行けば良いのかわからないという患者も多いのです。
その点、鶴川記念病院は、最新医療を追求するのではなく、患者一人一人が最適な医療を受けられることをモットーにしています。
そのため、高齢者医療やリハビリテーションにとても力を入れており、安心してリハビリができる病院です。
180床の規模の病院で、自分にとって最適な医療を受けることができます。
地域に密着した医療を目指すことで、訪問看護にも力を注いでいます。
病院から地域に戻ったなら、地域に看護を受けることができる体制がなければなりません。
鶴川記念病院があることで、この地域の方々は、自宅でも安心して看護を受けることができます。
地域に住まう方にとって、これほど安心なことはないのではないでしょうか。