気になるキャッシング金利の上限

キャッシングを利用する上で気になるのは金利です。
滞納せずに確実に返済をしていくためにも、できるだけ金利の低い業者を選んで利息の支払額を少なく抑えたいところです。
何%の金利でお金を借りることができるかは業者によって異なりますが、キャッシングの金利には上限が設定されています。
この上限は利息制限法という法律によって規定されていて、10万円未満の借り入れで20%、10万円以上100万未満で18%、100万円以上で15%が上限となっています。
以前の消費者金融業界ではこの上限を超える、いわゆるグレーゾーン金利での貸し出しが行われていましたが、現在ではグレーゾーン金利による貸し出しは法律で禁止されているので、これ以上の金利となることは絶対にありません。
もし、上限金利を超える金利で貸出を行っている業者があれば、それは間違いなく悪徳業者ということになるので利用は控えましょう。
さて、キャッシングの返済が遅れれば、遅れた日数う分だけ遅延金が発生しますが、この時の利息にも上限が設定されています。
遅延金の上限金利は利息制限法の上限値の1.46倍までとなっていて、それ以下であれば業者によって自由に設定できるので、この点もあらかじめ確認しておくとよいでしょう。
利用にあたりメリットの多いキャッシング