マルチに活躍する高城剛氏について

現在もマルチに活躍する高城剛氏は、まず初め1987年ビデオアート作品である『WritingontheWall』は第2回東京国際ビデオビエンナーレ展で一般公募グランプリに輝いたことから注目を集めるようになりました。
その後テレビなどにも多く出演するようになり、当時は「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きで自らを表していたようです。
ファッションもユニークで、半ズボン&スニーカー&帽子でよくメディアに出ていました。
また、定住はしないで世界中を遊牧民のように暮らしているというのも、とっても個性的で且つ羨ましく感じます。
氏のブログでは、最近「観光&ラン(訪れた世界の観光地を、まるで下見するように朝軽く走りながらまわること」に凝っていると書いてあったので、やはり上記のファッションで走っているのでしょうね。
ここ数年は広告プロデュースの仕事は辞め、もっぱらライターとしての活動をしていて、昨年には『サバイバル時代の健康術~アーユルヴェーダで頭と体のバランスを整える』を宝島社から出版し話題になりました。
高城氏が過去に出した映像作品や広告作品は、どれもクオリティーが高いので、私としてはまたこっちの世界でも活躍して欲しいと思っています。